2021年5月14日 【東大】世界初のソフトウェア『グリッド』開発 手術計画検討に特化

東京大学医学部附属病院や東京医科歯科大学と企業のグループは、世界初となる手術計画の検討に特化したソフトウェア『GRID(グリッド)』を開発し、医療機器(クラスⅡ)の認証を取得した。

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)が展開する「医療機器等における先進的研究開発・開発体制強靭化事業」での「術前と術中をつなぐスマート手術ガイドソフトウェアの開発」プロジェクトの支援を受けて開発したもの。

『GRID』は、病気を診断することが目的でなく、手術計画を検討することに特化し、深層学習技術などの画像処理技術を駆使して開発された世界初の手術検討ソフトウェア。自動位置合わせ機能や②自動セグメンテーション機能などの自動処理や、組織の部分移動や削除機能などのバーチャルリアリティ操作といった手術シミュレーションを効率よく検討するための多数の機能が搭載されている。

『GRID』の使用によって、これまで医師の負担となっていた手術計画時の読影作業や医用画像処理の手間を大幅に効率化することが可能。手術計画の精度向上や、外科手術の安全性・技術向上などにつながることが期待される。


介護のニュースサイト 各紙ご購読のお申込み・お問い合せはこちら 文部科学省国立大学法人等幹部名鑑 文部科学省国立大学法人等事務系歴代幹部一覧 文部科学関係法人名鑑 Today’s Photography 今日の話題 公益社団法人 日本専門新聞協会

株式会社官庁通信社
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2-13-14
--総務部--TEL 03-3251-5751 FAX 03-3251-5753
--編集部--TEL 03-3251-5755 FAX 03-3251-5754

Copyright 株式会社官庁通信社 All Rights Reserved.