リニア中央新幹線をはじめとする高速交通ネットワークの整備がもたらす「国土構造の大きな変革」の効果を最大限「引き出す」ための取組を推進するため、国土交通省は22日、スーパー・メガリージョン構想検討会(座長:家田仁政策研究大学院大学教授)の初会合を開いた。初会合では、国交省事務局が検討会設置の趣旨を説明するとともに、検討会での論点を示した。【行政評価情報 平成29年9月28日号】