• PBの黒字化、2025年度へ先送り 政府、骨太方針の取りまとめへ最終調整
  • 介護の人手不足を解消へ、対策の加速化を 首相「即戦力となる外国人材を受け入れる」
  • サ高住の「囲い込み」対策で予算倍増を要求 医師会「指導体制の強化に乗り出すべき」
  • 2017年の出生率1・43で2年連続低下 出生数は94・6万人で過去最少 厚労省
  • 食事摂取基準を改定へ 認知症予防の指標追加
  • ケアマネ試験改正、介護医療院の意義など追加
  • 訪問介護や通所介護、特養などのルールを解説
  • 外部リハ職との連携、スマホ動画の共有でOK

【シンポジウム】行き場ある? 残される利用者の犬・猫問題

本紙の特色  『官庁通信-病院と社会保険版』は、医療を中心に年金、介護など社会保障制度の動きを情報提供してます。また、将来の社会保障制度がどうあるべきなのか、医療制度改革、年金制度改革、介護保険制度の見直しなどを通してその方向性を探っています。
病院情報では、一般病院の経営状況をはじめ、国立病院・療養所の再編成問題、国立大病院の独法化問題、社会保険病院の見直し問題などを重点に取り上げています。最終頁には毎週「国立大医学部病院だより」を掲載してます。
購読料金 月額 6.480円 (税込)
刊行日 毎週水曜日
E-mail byoinban@kancho-t.com