• 2040年、社会保障費190兆円に膨張 介護費は2・4倍の26兆円へ 政府推計
  • 介護職の必要数、2025年で245万人 需給ギャップは34万人 厚労省が新推計
  • 高齢者の介護保険料、全国平均5869円 355円増加 家計の負担、さらに重く…
  • 諮問会議、3年間の社会保障費の目安議論 民間議員「高齢者の伸び率鈍化踏まえ検討を」
  • 日慢協、財務省に反発 負担増より制度改正を
  • 介護保険料の滞納、高所得者の罰則を見直しへ
  • 首相「第4次産業革命の技術を医療・介護に」
  • 《コラム》介護サービス経営主体の統合・再編
  • 豊島区の混合介護モデル事業、10事業者が参加
本紙の特色  『官庁通信-病院と社会保険版』は、医療を中心に年金、介護など社会保障制度の動きを情報提供してます。また、将来の社会保障制度がどうあるべきなのか、医療制度改革、年金制度改革、介護保険制度の見直しなどを通してその方向性を探っています。
病院情報では、一般病院の経営状況をはじめ、国立病院・療養所の再編成問題、国立大病院の独法化問題、社会保険病院の見直し問題などを重点に取り上げています。最終頁には毎週「国立大医学部病院だより」を掲載してます。
購読料金 月額 6.480円 (税込)
刊行日 毎週水曜日
E-mail byoinban@kancho-t.com