• 渡邊 信 元厚生労働審議官が瑞宝重光章
    平成29年秋の「叙勲」受章者が決まる
  • 厚労関係は172人(うち団体11)が受章
    秋の緑綬・黄綬・藍綬褒章受章者を決定
  • = 社保審・介護給付費分科会 =
    生活援助、ヘルパー以外も実施可能に 短時間の新研修が要件、報酬減が焦点
    訪問介護、リハビリ職との連携を推進 加算の評価範囲を拡大、厚労省が方針
  • 厚労省、訪問介護の集合住宅減算の対象拡大へ
  • 小多機、代表の研修要件を緩和 就任後も可能に
  • 「心不全」、病名知っていても多くが症状知らず
  • 福祉用具貸与の上限額、年1回の頻度で見直し
  • 介護のイノベーション加速へ、今期の検討開始
  • 介護サービスの利益率、報酬増減をめぐり対立
  • 地域区分、東京で見直し求める声 署名活動も
本紙の特色  『官庁通信-病院と社会保険版』は、医療を中心に年金、介護など社会保障制度の動きを情報提供してます。また、将来の社会保障制度がどうあるべきなのか、医療制度改革、年金制度改革、介護保険制度の見直しなどを通してその方向性を探っています。
病院情報では、一般病院の経営状況をはじめ、国立病院・療養所の再編成問題、国立大病院の独法化問題、社会保険病院の見直し問題などを重点に取り上げています。最終頁には毎週「国立大医学部病院だより」を掲載してます。
購読料金 月額 6.480円 (税込)
刊行日 毎週水曜日
E-mail byoinban@kancho-t.com