• 春の人事異動が4月1日付で発令 厚労省 感染研所長に同研究所の脇田副所長を起用
  • 経済財政諮問会議、財政計画の議論を開始 安倍首相、歳出改革の「枠組み」検討へ
  • 厚労省、オンライン診療の実施指針を公表 直接の対面診療と組み合わせる必要性を明記
  • 6万5574人の新たな介護福祉士が誕生 昨年度から1万人増 合格率は70・8%
  • 高齢者への虐待、要因の分析や事後検証を要請
  • 札幌の火災事故受け、厚労省がチェックリスト
  • 居宅介護支援、経過措置待たず主マネ管理者に
  • 居宅介護支援、「頻回生活援助」の回数が固まる
  • 栄養スクリーニング加算、事業所選定は会議で
  • 通所介護、機能訓練に3ヵ月ごとの訪問が必要
  • 特養の3割が開設時に一部休床・受け入れ制限
本紙の特色  『官庁通信-病院と社会保険版』は、医療を中心に年金、介護など社会保障制度の動きを情報提供してます。また、将来の社会保障制度がどうあるべきなのか、医療制度改革、年金制度改革、介護保険制度の見直しなどを通してその方向性を探っています。
病院情報では、一般病院の経営状況をはじめ、国立病院・療養所の再編成問題、国立大病院の独法化問題、社会保険病院の見直し問題などを重点に取り上げています。最終頁には毎週「国立大医学部病院だより」を掲載してます。
購読料金 月額 6.480円 (税込)
刊行日 毎週水曜日
E-mail byoinban@kancho-t.com