• 厚労省、2017年度概算要求31・1兆円 介護保険運営やサービスの充実に約3兆円
  • 厚労省、機構・定員要求で次官級ポスト新設 医療・保健分野を束ねる司令塔「医務総監」
  • 応能負担への転換に大企業側の委員が反発 現役世代の保険料、社保審・介護保険部会
  • 介護人材確保や施設の防犯に200億円超 今年度の2次補正予算案、厚労省分を公表
  • 厚労省、介護離職防止に新たな助成金を創設へ
  • 生活保護受給者雇う企業に助成金支給、厚労省
  • 介護の現場復帰で40万円、準備金の上限倍増へ
  • 高額がん治療薬の薬価期中改定、厚労省が提案
  • 【インタビュー】「新しい混合介護」の衝撃(後半)
本紙の特色  『官庁通信-病院と社会保険版』は、医療を中心に年金、介護など社会保障制度の動きを情報提供してます。また、将来の社会保障制度がどうあるべきなのか、医療制度改革、年金制度改革、介護保険制度の見直しなどを通してその方向性を探っています。
病院情報では、一般病院の経営状況をはじめ、国立病院・療養所の再編成問題、国立大病院の独法化問題、社会保険病院の見直し問題などを重点に取り上げています。最終頁には毎週「国立大医学部病院だより」を掲載してます。
購読料金 月額 6.480円 (税込)
刊行日 毎週水曜日
E-mail byoinban@kancho-t.com