• 厚労省、脳卒中などの診療体制で報告書 医療資源の多寡に応じ、地域ごとに整備を
  • AIの画像認識で皮膚がんの診断サポート 3年後に実用化へ 京セラと筑波大が研究
  • 排泄予知デバイス、SOMPOケアへ導入 CTC「ニーズがあれば他の介護施設にも」
  • 国立がんセンター、希少がんの新薬開発へ ゲノム解析を応用、秋にも治験スタート
  • 全国知事会、介護職員のさらなる賃上げを要請
  • 平均寿命、男女とも過去最高を更新し世界2位
  • 〔インタビュー〕ケアマネ協会柴口会長に聞く
  • 社会保障審議会、町村会が特養空床の対策要請
  • 介護給付費分科会、特定施設は論点の提示のみ
  • フランスベッド、自動寝返りで職員の負担軽減
  • 国循の心臓移植が100例、10年生存率は95%
  • 喫煙者率は18・2%で過去最低に、たばこ産業
本紙の特色  『官庁通信-病院と社会保険版』は、医療を中心に年金、介護など社会保障制度の動きを情報提供してます。また、将来の社会保障制度がどうあるべきなのか、医療制度改革、年金制度改革、介護保険制度の見直しなどを通してその方向性を探っています。
病院情報では、一般病院の経営状況をはじめ、国立病院・療養所の再編成問題、国立大病院の独法化問題、社会保険病院の見直し問題などを重点に取り上げています。最終頁には毎週「国立大医学部病院だより」を掲載してます。
購読料金 月額 6.480円 (税込)
刊行日 毎週水曜日
E-mail byoinban@kancho-t.com