• 介護事業者の大規模化、経団連も提言 「事業者の効率化への意欲を削ぎかねない」
  • 継続的な社会参加で介護の人手不足緩和を 35年時に31万人の需給ギャップ縮小 経産省
  • 職員不足、出費増と税収減、介護ニーズ増大 自治体行政の根本の見直しを 総務省研究会
  • 医療広告の違反疑い、昨年度5ヵ月で67件 事実誤認の恐れある表現が最多 厚労省
  • シーディーアイ、AIの実証実験で成果を報告
  • 生活援助が多いケアプラン、回数が正式に決定
  • 医療・介護職の31%、ハラスメントの経験あり
  • 養成課程の見直しにみる次世代の介護福祉士像
  • 病院団体、医師の偏在対策を専門医機構へ要望
  • 厚労省、麻しんと風しんの予防指針を見直しへ
本紙の特色  『官庁通信-病院と社会保険版』は、医療を中心に年金、介護など社会保障制度の動きを情報提供してます。また、将来の社会保障制度がどうあるべきなのか、医療制度改革、年金制度改革、介護保険制度の見直しなどを通してその方向性を探っています。
病院情報では、一般病院の経営状況をはじめ、国立病院・療養所の再編成問題、国立大病院の独法化問題、社会保険病院の見直し問題などを重点に取り上げています。最終頁には毎週「国立大医学部病院だより」を掲載してます。
購読料金 月額 6.480円 (税込)
刊行日 毎週水曜日
E-mail byoinban@kancho-t.com