• 【年頭所感】
    加藤勝信厚生労働大臣
    蒲原基道事務次官
    鈴木康裕医務技監
    鈴木俊彦保険局長
    濵谷浩樹老健局長
    横倉義武日本医師会長
  • 2018年度予算案は過去最大、政府閣議決定
  • 介護福祉士目指す学生に毎月5万円、補正予算
  • ≪新春インタビュー≫
    高齢者のごみ出し支援、多くの自治体が関心 現状・課題を横浜市・資源循環局に聞いた
  • 年間の出生数、2年連続で100万人割り込む
  • 救急車の出動数が7年連続で過去最多、消防庁
  • 介護報酬改定の全体像固まる、自立支援を重視
  • 介護保険の調整交付金の活用見送り、政府方針
本紙の特色  『官庁通信-病院と社会保険版』は、医療を中心に年金、介護など社会保障制度の動きを情報提供してます。また、将来の社会保障制度がどうあるべきなのか、医療制度改革、年金制度改革、介護保険制度の見直しなどを通してその方向性を探っています。
病院情報では、一般病院の経営状況をはじめ、国立病院・療養所の再編成問題、国立大病院の独法化問題、社会保険病院の見直し問題などを重点に取り上げています。最終頁には毎週「国立大医学部病院だより」を掲載してます。
購読料金 月額 6.480円 (税込)
刊行日 毎週水曜日
E-mail byoinban@kancho-t.com