2022年6月3日 財審建議で「科学技術」の現状分析と提言(第9130号)

閉鎖的な研究環境からの脱却が必要
財審建議で「科学技術」の現状分析と提言

  基金・ファンドは機動的な資金配分見直しを

財務大臣の諮問会議である財政制度等審議会が5月25日に公表した「建議」(意見まとめ)では、科学技術に関する現状分析や提言を行っている。科学技術に対する重点投資がここ数年行われてきたが、総合論文生産数に占めるトップ10%論文の割合(Q値)が低水準となっていることを踏まえ、〝論文生産の質向上〟を課題として提示。〝質低下〟の要因の一つとして、研究室等での閉鎖的な研究環境をあげ、こうした構造的課題からの脱却を求めている。また、増加している科学技術関係の基金・ファンドに関しても注文。「機動的な資金配分見直しを行うなど、実効性のあるステージゲード(各研究段階で評価を行い、研究開発テーマを効率的に絞り込んでいく方法)を機能させる必要がある」としている。

続きは紙面での掲載となります。

【目次】

本紙の特色  『文教速報』は全国の国立学校、独立行政法人等の動向・人事等を中心に編集し週3回刊行。全国の文教関係に携わる読者に最新の情報をお届けしております。
特に国立大学の再編・統合、平成16年4月からの独立行政法人への移行等、最新の情報をもれなく掲載しております。
購読料金 月額 7.020円 (税込)
刊行日 隔日 月・水・金/祭日は休刊
E-mail bunkyo@kancho-t.com

介護のニュースサイト 各紙ご購読のお申込み・お問い合せはこちら 文部科学省国立大学法人等幹部名鑑 文部科学省国立大学法人等事務系歴代幹部一覧 文部科学関係法人名鑑 Today’s Photography 今日の話題 公益社団法人 日本専門新聞協会

株式会社官庁通信社
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2-13-14
--総務部--TEL 03-3251-5751 FAX 03-3251-5753
--編集部--TEL 03-3251-5755 FAX 03-3251-5754

Copyright 株式会社官庁通信社 All Rights Reserved.