2022年7月20日 新たな働き方に対応した勤務制度で中間報告(第9149号)

フレックスタイム制のコアタイム「2~4時間」
新たな働き方に対応した勤務制度で中間報告
人事院研究会  事情に応じた休憩時間の柔軟化

フレックスタイム制度など新たな働き方に対応した国家公務員の勤務時間制度のあり方を議論していた人事院の研究会は、中間報告を7月12日に取りまとめた。同制度のなかで必ず働かなければならない時間である「コアタイム」を現行の一律5時間から2~4時間の間とするなど、柔軟化を求めている。1日の最短勤務時間も現在の6時間から「2~4時間の間で各府省が設定」できるようにする。さらに、休憩時間制度の柔軟化なども進めることにより、育児・介護をはじめ、通院、自己啓発など職員一人ひとりの希望や置かれている事情に対応した働き方が可能になるとしている。

続きは紙面での掲載となります。

【目次】

〔通 知〕
全国へき地教育研究大会を実施

本紙の特色  『文教速報』は全国の国立学校、独立行政法人等の動向・人事等を中心に編集し週3回刊行。全国の文教関係に携わる読者に最新の情報をお届けしております。
特に国立大学の再編・統合、平成16年4月からの独立行政法人への移行等、最新の情報をもれなく掲載しております。
購読料金 月額 7.020円 (税込)
刊行日 隔日 月・水・金/祭日は休刊
E-mail bunkyo@kancho-t.com

介護のニュースサイト 各紙ご購読のお申込み・お問い合せはこちら 文部科学省国立大学法人等幹部名鑑 文部科学省国立大学法人等事務系歴代幹部一覧 文部科学関係法人名鑑 Today’s Photography 今日の話題 公益社団法人 日本専門新聞協会

株式会社官庁通信社
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2-13-14
--総務部--TEL 03-3251-5751 FAX 03-3251-5753
--編集部--TEL 03-3251-5755 FAX 03-3251-5754

Copyright 株式会社官庁通信社 All Rights Reserved.