2020年7月22日 教育実習の共通開設で修得単位数「四分の一減」(第8869号)

9年間見通した教員養成カリキュラム
教育実習の共通開設で修得単位数「四分の一減」

義務教育9年間を見通した教員養成のあり方などを議論している中央教育審議会の部会で、小学校・中学校両教諭免許状取得する場合に必要な単位数の例外的な扱いなどを盛り込んだ審議のまとめ案が示された。小中6+3年間を一貫した教員養成カリキュラムを編成する場合、「教職実践演習」などの教育実習を共通開設することが考えられることから、要修得単位数は現在の118単位から87~91単位と、四分の一以上減らすことが可能との見方を打ち出している。

続きは紙面での掲載となります。

【目次】

〔通 知〕
応急危険度判定士の登録手続き

本紙の特色  『文教速報』は全国の国立学校、独立行政法人等の動向・人事等を中心に編集し週3回刊行。全国の文教関係に携わる読者に最新の情報をお届けしております。
特に国立大学の再編・統合、平成16年4月からの独立行政法人への移行等、最新の情報をもれなく掲載しております。
購読料金 月額 7.020円 (税込)
刊行日 隔日 月・水・金/祭日は休刊
E-mail bunkyo@kancho-t.com

介護のニュースサイト 各紙ご購読のお申込み・お問い合せはこちら 文部科学省国立大学法人等幹部名鑑 文部科学省国立大学法人等事務系歴代幹部一覧 文部科学関係法人名鑑 Today’s Photography 今日の話題 FOCUS 公益社団法人 日本専門新聞協会

株式会社官庁通信社
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2-13-14
--総務部--TEL 03-3251-5751 FAX 03-3251-5753
--編集部--TEL 03-3251-5755 FAX 03-3251-5754

Copyright 株式会社官庁通信社 All Rights Reserved.