2018年9月10日 大学分科会将来構想部会が答申記載内容案(第8612号)

大学分科会将来構想部会が答申記載内容案

      『18歳中心主義』からの脱却の必要性など強調

今年生まれた子どもたちが大学の学部段階を卒業するタイミングとなる年である『2040年』をターゲットとした高等教育のあり方を検討している中央教育審議会大学分科会将来構想部会は、この秋とりまとめる予定の答申「2040年に向けた高等教育のグランドデザイン」の記載内容案を、9月5日に都内で開催された第25回会合で示した。同部会では、今年6月に公表した中間まとめを踏まえて議論を進めており、高等教育の規模や高等教育への投資、さらに国公私立の役割分担などについて委員からの意見を踏まえた考え方を示している。高校からの入学に過度に依存している『18歳中心主義』からの脱却の必要性を強調。社会人や留学生の受け入れを従来以上に積極的に行うことなどを促している。

続きは有料になります。

 

【目 次】

〔通 知〕早寝早起き朝ごはん推進校の募集

本紙の特色  『文教速報』は全国の国立学校、独立行政法人等の動向・人事等を中心に編集し週3回刊行。全国の文教関係に携わる読者に最新の情報をお届けしております。
特に国立大学の再編・統合、平成16年4月からの独立行政法人への移行等、最新の情報をもれなく掲載しております。
購読料金 月額 7.020円 (税込)
刊行日 隔日 月・水・金/祭日は休刊
E-mail bunkyo@kancho-t.com

介護のニュースサイト 各紙ご購読のお申込み・お問い合せはこちら 文部科学省国立大学法人等幹部名鑑 文部科学省国立大学法人等事務系歴代幹部一覧 文部科学関係法人名鑑 Today’s Photography 今日の話題 FOCUS 公益社団法人 日本専門新聞協会

株式会社官庁通信社
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2-13-14
--総務部--TEL 03-3251-5751 FAX 03-3251-5753
--編集部--TEL 03-3251-5755 FAX 03-3251-5754

Copyright 株式会社官庁通信社 All Rights Reserved.