2018年12月7日 中期目標・計画「達成が前提。意味がない」(第8646号)

中期目標・計画「達成が前提。意味がない」
国大交付金配分評価で厳しい見解(CSTI)

各大学の中期目標・計画は、達成できることを前提に作られており、評価結果に意味がない―。このほど開催された総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)で、国立大学の運営費交付金配分の評価方法について、こうした厳しい意見が出された。CSTI議員の上山隆大元政策研究大学院大学教授・副学長が「大学改革の行方と公的資金のあり方について」と題して、現状の国立大学評価は予算配分にほぼ影響しない設計になっているとの見解を示した。達成可能な目標を掲げているとの指摘とともに、「事前評価がない。目標内容と予算配分との結びつきがない」と主張している。

続きは有料になります。

【目次】

〔通 知〕入学者選抜でのミス等防止について

 

本紙の特色  『文教速報』は全国の国立学校、独立行政法人等の動向・人事等を中心に編集し週3回刊行。全国の文教関係に携わる読者に最新の情報をお届けしております。
特に国立大学の再編・統合、平成16年4月からの独立行政法人への移行等、最新の情報をもれなく掲載しております。
購読料金 月額 7.020円 (税込)
刊行日 隔日 月・水・金/祭日は休刊
E-mail bunkyo@kancho-t.com

介護のニュースサイト 各紙ご購読のお申込み・お問い合せはこちら 文部科学省国立大学法人等幹部名鑑 文部科学省国立大学法人等事務系歴代幹部一覧 文部科学関係法人名鑑 Today’s Photography 今日の話題 FOCUS 公益社団法人 日本専門新聞協会

株式会社官庁通信社
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2-13-14
--総務部--TEL 03-3251-5751 FAX 03-3251-5753
--編集部--TEL 03-3251-5755 FAX 03-3251-5754

Copyright 株式会社官庁通信社 All Rights Reserved.