2020年4月7日 DeNA、AIで介護送迎の事故削減目指す ツクイの車両3000台に導入へ

DeNAとリサーチアンドソリューションは25日、人工知能(AI)を使って交通事故の削減を支援するサービス「車録 Pro(シャーロックプロ)」を、介護事業向けに改良したと発表した。

ツクイとその子会社で車両リースを営むツクイキャピタルが、介護事業を安全に運営するための注意点を分析。送迎時のブレーキのかけ方など独自のポイントを加味した。ツクイがデイサービスで使用する送迎車、約3000台に順次導入していくという。

「車録Pro」は、DeNAが開発したAI付きドライブレコーダーでドライバーの特性や危険運転などを検知し、日常の運転に潜むリスクを見える化するシステム。

他の車両や歩行者、ドライバーの顔の向き、目が開いているかなどをカメラが認識し、例えば車間距離の不足やわき見運転がないか判定する。内蔵された加速度センサーやGPSなどを使い、急ブレーキや急ハンドル、一時不停止、スピード違反といった危険も検出する。

こうしたデータはフィードバックに役立てられていく。日々のレポートが作られ、ドライバーごとに安全性などを評価した個人スコアもつけられる。それをドライバー本人や管理者と共有。「走行→分析→指導→改善」というマネジメントサイクルが実現する環境を作り出す。

DeNAの担当者は、「企業の営業車やトラックではこれまで、『車録Pro』の導入によって交通事故を約50%削減することに成功してきた。デイサービスの送迎車でも同じ水準を目指したい」と話している。

今後、ツクイの車両でシステムを運用することで得られる様々なデータを用いて、介護事業の安全運転教育ツールや安全運転適性基準を構築したい考え。送迎車の交通マナーの向上や交通事故の削減に貢献していきたいとしている。


介護のニュースサイト 各紙ご購読のお申込み・お問い合せはこちら 文部科学省国立大学法人等幹部名鑑 文部科学省国立大学法人等事務系歴代幹部一覧 文部科学関係法人名鑑 Today’s Photography 今日の話題 FOCUS 公益社団法人 日本専門新聞協会

株式会社官庁通信社
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2-13-14
--総務部--TEL 03-3251-5751 FAX 03-3251-5753
--編集部--TEL 03-3251-5755 FAX 03-3251-5754

Copyright 株式会社官庁通信社 All Rights Reserved.