2021年11月18日 研究公正意識は半数程度 臨床医師の横断調査で課題浮き彫りに

兵庫医科大学の研究グループは、日本全国で臨床研究を実施している1100人の医師を対象に大規模な横断研究を行い、「多くの医師は受動的に研究公正に関する教育を受けている」ものの、「普段の研究活動において研究公正を意識している医師は半数程度であること」「オーサーシップや研究組織の透明性などへの意識が高くないこと」「研究公正に関する学習が受動的であれば、不適切な研究活動に繋がりやすいこと」などを明らかにした。

研究者における研究公正への関心や教育機会、研究活動の実態は、これまで曖昧にされてきた部分があり、日本のみならず、国際的にも課題とされてきた。

昨今、適切ではない研究活動が世界中で散見され、研究者に対する公正・倫理教育の必要性が認識されつつあり、多くの組織では研究公正や研究倫理教育が実施されている。臨床研究においては、医療機関に所属する医師などの医療従事者が研究活動を行うことが多く、これまでも公正や倫理に反する発表が繰り返し報告されてきており、多くの研究組織で実施されてきた研究公正や研究倫理教育の有効性には限界があると考えられる。

臨床研究を実施している医師の93%は研究公正(研究倫理教育)を受講しているが、大学病院以外に所属する医師の受講率は89%と低くなり、受講動機の77%は受動的で、受講後に研究公正を意識している研究者の割合は54%にとどまった。

研究公正の観点から見て、被験者や参加者の自発性、安全性の確保、データの正確性、ねつ造・改ざん・盗用のチェック、利益相反への意識は50%を超えるが、「適切な画像作成」や「オーサーシップの厳格化」、「研究組織の透明性」に対する意識は36%、26%、16%と低く、これらの意識は所属機関や実際の研究活動、研究公正に関する学習活動に関連している。

研究公正に関する制度や施策に関する認知度は低く、倫理指針でも43%、臨床研究法は37%、省庁の施策は30%の認知度だった。また、不適切な研究活動として調査した論文執筆におけるコピー&ペースト、ギフテッドオーサーは11%と決して稀ではなく、「研究公正(研究倫理教育)の受講動機が受動的であった」医師は、不適切な研究活動に関与しやすいことが明らかとなった。

今回の研究は、1100人の医師(大学病院または研究所所属35%)を対象に、「不適切な研究活動を尋ねる」など、これまでにない試みを大規模かつ繊細な調査で実施した。本来は回答したくないグレーな研究活動として調査した「論文執筆におけるコピー&ペースト、ギフテッドオーサー」の回答(11%)については、過小評価されている可能性が高く、研究公正に抵触する潜在的事案はもっと多いと推察される。しかし、不適切な研究活動に「研究公正(研究倫理教育)の受動的受講」が関連していることが示唆され、普段の現場で感じていることと合致すると考えられる。

わが国では、所属施設における義務化された講演会やeラーニングなどの受動的な研究公正教育が中心であるが、今後は研究公正を推進させるための「能動的な教育方法の導入」が求められる。今後は、医療分野の研究開発において推進体制の構築を行っている日本医療研究開発機構と兵庫医科大学臨床疫学講座の森本 剛教授らの研究グループとの共同体制により、研究から得られた知見を元に構築した研究公正を推進させる「研究公正高度化モデル開発支援事業」を推進し、能動的研究倫理学習プログラムを医師間で広く展開されることが期待される。


介護のニュースサイト 各紙ご購読のお申込み・お問い合せはこちら 文部科学省国立大学法人等幹部名鑑 文部科学省国立大学法人等事務系歴代幹部一覧 文部科学関係法人名鑑 Today’s Photography 今日の話題 公益社団法人 日本専門新聞協会

株式会社官庁通信社
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2-13-14
--総務部--TEL 03-3251-5751 FAX 03-3251-5753
--編集部--TEL 03-3251-5755 FAX 03-3251-5754

Copyright 株式会社官庁通信社 All Rights Reserved.