2019年11月11日 抗生物質の知識、日本は不十分 不正解の「ウイルスをやっつける」を6割が選択

肺炎など感染症への切り札とされる抗菌薬(抗生物質)について、日本人の64.0%が「ウイルスをやっつける」と誤った認識を持つことが、国立国際医療研究センター病院の調査で明らかになった。正しい知識を持つ人の割合はEU諸国と比べかなり低く、同センターは「一般国民の抗菌薬(抗生物質)に関する知識は不十分だ」としている。

調査は今年8月に、インターネットを通じて実施。10代から60歳以上の男女688人から回答を得た。

「抗菌薬・抗生物質という言葉を聞いたことがあるか」という質問に対し、「聞いたことがあり詳しく知っている」と答えた人は35.5%。「聞いたことはあるが詳しくはわからない」(60.2%)を合わせると、回答した人の約96%が耳にしたことがあるとしている。

「抗菌薬(抗生物質)はウイルスをやっつけるか」という問いに対し、「あてはまらない」と正しい回答をした人は23.1%にとどまった。これはEUの中でも正答の割合が最も高かったスウェーデン(74.0%)の3分の1以下、EU全体の平均値(43.0%)の約半分、最も低いギリシャ(23.0%)と比べても同程度の水準だった。

さらに、ウイルスが原因のかぜに効果が無いにも関わらず、正しく理解していた人は35.1%のみ。正答率を比較すると、EUトップクラスをほこるスウェーデン(85.0%)やフランス(78.0%)、イギリス(78.0%)などには遠く及ばなく、EU内で最低だったポルトガルの37.0%も下回る結果となっている。

一方、抗菌薬(抗生物質)の不必要な使用について、「効果が薄れる」と答えた人は67.3%、処方された抗菌薬(抗生物質)に対し、「飲み切るべき」と答えた人の割合は63.4%など、飲み方に関する知識は半数以上の人が持っていることもわかった。

抗菌薬(抗生物質)が頻繁に使われた場合、薬が効かなかったり、効きにくくなったりした細菌が生き残る。こうした状況が進むと、感染症の治療だけでなく手術時の感染予防など、様々な場面で医療が困難になる。国連は今年4月、「抗生物質が効きにくい薬剤耐性菌が世界的に増加し、危機的状況にある」と各国に勧告。このままでは薬剤耐性菌による病気で、2050年までに年間で1000万人が死亡する恐れがあると警鐘を鳴らしている。


介護のニュースサイト 各紙ご購読のお申込み・お問い合せはこちら 文部科学省国立大学法人等幹部名鑑 文部科学省国立大学法人等事務系歴代幹部一覧 文部科学関係法人名鑑 Today’s Photography 今日の話題 FOCUS 公益社団法人 日本専門新聞協会

株式会社官庁通信社
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2-13-14
--総務部--TEL 03-3251-5751 FAX 03-3251-5753
--編集部--TEL 03-3251-5755 FAX 03-3251-5754

Copyright 株式会社官庁通信社 All Rights Reserved.