2021年1月19日 大学在学者数は291.6万人 学校基本調査の確定値を公表 文科省

文部科学省が取りまとめた今年度の学校基本調査確定値によると、大学全体の在学者数は、291万6千人で、前年度より3千人減少した。うち学部生は262万4千人で、前年度より1万4千人増加し、過去最多を記録した。

大学院生は25万5千人で、前年度と横ばい。専攻科生は1千人で、前年度とほぼ横ばい。別科生は4千人で、前年度より1千人減少した。その他学生は3万3千人で、前年度より1万6千人減少。

大学学部の女子学生は、119万3千人で、前年度より1万人増加し、過去最多となった。また、学生全体に占める女子の割合は、前年度より0.1ポイント上昇し45.5%で過去最高を占めた。

短大学生は10万8千人で、前年度より5千人減少した。高専学生は、5万7千人で、前年度より2百人減少している。専門学校生は60万4千人で、前年度より7千人増加した。

教員数については、大学全体の女性の教員数は、前年度より1万5百人増加し4万9千人で過去最多。また、教員全体に占める女性の割合は、前年度より0.6ポイント上昇し25.9%で過去最高となった。

女性管理職の割合は、幼稚園や小学校などを含む全体で前年度より1.1ポイント上昇し30.1%となり、過去最高となった。大学は13.7%。

卒業後の状況をみると、高校卒業後の高等教育機関への進学率は83.5%で、前年度より0.7ポイント上昇し、過去最高。

うち大学・短大進学率は58.6%で、前年度より0.5ポイント上昇し、過去最高を記録した。大学進学率は54.4%で、前年度より0.7ポイント上昇し、過去最高。専門学校進学率は24.0%で、前年度より0.2ポイント上昇し、過去最高。

大学学部卒業者の大学院等への進学率は、ゆるやかな上昇傾向にあったが、平成22年度をピークに、10年連続低下し、11.3%(前年度比0.1ポイント低下)だった。卒業者に占める就職者の割合は、77.7%(前年度比0.3ポイント低下)。

修士課程修了者の大学院等への進学率は、9.8(前年度より0.3ポイント上昇)。修了者に占める就職者の割合は、77.9%(前年度より0.7ポイント低下)。

また、博士課程修了者に占める就職者の割合は7年連続で上昇し、69.8%(前年度より0.8ポイント上昇)となり、過去最高を記録した。

 

文科省資料より引用


介護のニュースサイト 各紙ご購読のお申込み・お問い合せはこちら 文部科学省国立大学法人等幹部名鑑 文部科学省国立大学法人等事務系歴代幹部一覧 文部科学関係法人名鑑 Today’s Photography 今日の話題 FOCUS 公益社団法人 日本専門新聞協会

株式会社官庁通信社
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2-13-14
--総務部--TEL 03-3251-5751 FAX 03-3251-5753
--編集部--TEL 03-3251-5755 FAX 03-3251-5754

Copyright 株式会社官庁通信社 All Rights Reserved.