2020年1月16日 交通事故死、昨年は3215人 高齢者が全体の55%を占める

昨年に発生した交通事故で亡くなった人は全国で3215人 − 。警察庁は6日にそう発表した。

記録が残る1948年以降で最少だという。

死者のうち65歳以上の高齢者は、55.4%の1782人。前年から184人(9.4%)減ったものの、依然として多くの割合を占めている。

また、人口10万人あたりの交通事故の死者数は全年齢で2.54人。高齢者は5.01人とほぼ倍となっている。

全年齢のデータを都道府県別にみると、死者が最も多かったのは千葉県の172人。それに愛知県の156人、北海道の152人が続く。愛知県は16年連続でトップだったが、今回人数が大幅に減ったことで順位が2位に下がった。人口10万人あたりでは、徳島県の5.57人をトップに、鳥取県の5.54人、香川県の4.89人が上位に並んだ。

武田良太国家公安委員長はこうした結果を受けて、「交通事故を防ぐために、自動車や自転車の運転者、歩行者がそれぞれ相手の立場に配慮し、思いやりの気持ちをもって行動してほしい」と呼びかけている。

 


介護のニュースサイト 各紙ご購読のお申込み・お問い合せはこちら 文部科学省国立大学法人等幹部名鑑 文部科学省国立大学法人等事務系歴代幹部一覧 文部科学関係法人名鑑 Today’s Photography 今日の話題 FOCUS 公益社団法人 日本専門新聞協会

株式会社官庁通信社
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2-13-14
--総務部--TEL 03-3251-5751 FAX 03-3251-5753
--編集部--TEL 03-3251-5755 FAX 03-3251-5754

Copyright 株式会社官庁通信社 All Rights Reserved.